エンルムの春風―北海道・襟裳岬(3)

エンルムの春風―北海道・襟裳岬(3)

北海道ほっかいどう地名ちめいうたった歌謡曲かようきょくおおい。北海道ほっかいどうといえば、なんとなく、サイハテとか、辺境へんきょうとかいったロマンチックなイメージがつよいからだろう。みさき土産物みやげものてんからこえる「はるばるきたぜ はあこだてえ」のうたも、長旅ながたびつかからだには、むしろさわやかかんじられてくるから不思議ふしぎだ。

  • サイハテ:
  • ロマンチック
  • 疲れ
  • むしろ: rather, quite; better, in a superior way; instead
  • さわやか: vigor, freshness, liveliness; balminess, mildness, pleasantness

襟裳岬えりもみさきうたったうたふたつある。かつて島倉しまくら千代子ちよこうたった「ふうはひゅるひゅるはざんぶりご」(おかとういたりおっと作詞さくしそれにもり進一しんいちのヒットきょく「えりものはるは なにもないはるです」(岡本おかもとおさみ作詞さくし

  • 島倉 千代子 : (1938-2013)日本女歌手。 岛仓千代子是日本首个达到参加红白连续出场30次的歌手,当年最高记录的创造者
  • 森進一: 本名森内一宽 。1947年出生于日本山梨县甲府。代表曲有“港町布鲁斯”、“母亲”、“襟裳岬”(1974年)等。

うたのヒットでおきゃくもだいぶえたでしょう」。みやげものてん店員てんいんくと、「それはもう…」とおもわず口元くちもとほころぶ島倉しまくら千代子ちよこもり進一しんいちサマサマなのだそうだ。

  • ほころぶ: come apart at the seams; begin to open; smile broadly

ひろ駐車ちゅうしゃじょうには、全国ぜんこくさまざまのナンバーをけたマイカーが、ぎっしりならんでいる。荷物にもつ屋根やねうえまでボディー北海道ほっかいどう一周いっしゅうちゅう、などといてあるグループや、新婚しんこん旅行りょこうちゅうらしいわか二人ふたりなどが、つぎからつぎへとひっきりなしにくるまからりてる。オートバイ自転車じてんしゃける若者わかもの結構けっこういる。さきさだままたびが、当世とうせいはやりなのだそうだ。

  • ぎっしり: 满满的
  • 荷物: 货物,行李,负担,累赘
  • 積み上げ : 堆积,积累
  • グループ : 群,组,集团,团体
  • 次から次へ : successively, one by one, one after another, in succession, continuously, sequentially
  • びっくり : 吃惊,吓一跳
  • なしに : without, with none
  • オートバイ : [名]摩托车
  • 行き先 : 去的地方,目的地
  • 定める : 定,决定,规定,制定
  • 気まま : 随便,任意,任性
  • 当世はやり : popularity, prevalence; fashion, vogue; epidemic

灯台とうだい建物たてもの沿ってみさきかうと、左手ひだりて見晴みはらしに、おおきな歌碑かひっている。「ふうはひゅるひゅる…」、つまり島倉しまくら先代せんだいうたった「襟裳岬えりもみさき」ので、なんでも彼女かのじょみさきてくれた記念きねんにと、地元じもとひとたちがてたのだそうだ。もり進一しんいちうたったほうは…、まだない。

  • 見晴らし: 眺望,景致
  • なんでも: anything, something

襟裳岬えりもみさきは、まさにアイヌの「あたま」で、あたまさきろくななじゅうメートルぐらいのきり断崖だんがいである。そしてあたまさきかからおきあめざして巨大きょだい岩礁がんしょう点々てんてんびている。それは太平洋たいへいようかってしたやり穂先ほさきにもえるし、またうみくぐろうとする恐竜きょうりゅう背鰭せびれにもえておもしろい。沖合おきあはちキロもつづくそうだが、岩礁がんしょう荒波あらなみがぶつかり、たえずしろ飛沫しぶきあげるさまは、ゴーッとうなるような海鳴うみなりとあいまって、素晴すばらしい男性だんせいてきである。うしろをかえれば、北海道ほっかいどう背骨せぼね日高ひだか山脈さんみゃくがすぐそばまでせまてくる。まさに、ここは山脈さんみゃくうみぼつ地点ちてんであるが、そうするとうみのなかにまでするど山並やまなみがつづいているのだろうか。

  • 沖合い: 海上,海面上,洋面上,湖里面,湖心
  • たえず: constantly, continuously
  • あげる: lift, fly, raise
  • 迫る: 强迫,迫使,迫近,逼近
  • 鋭い: 锋利,尖锐

表現文型

① 名词结句,文学描写方式之一,多于用文章当中。

  • 風はひゅるひゅる、波はざんぶりご 。
  • まず雪が溶けだす時のにおい。/ 首先是雪开始融化时的气味
  • かすかに煙ったい感じ…。/ 感觉有些烟气熏人。

② 历史现在时

  • みやげ物店の店員に聞くと、「それはもう…」と思わず口元がほころぶ。/ 我问了一下礼品店的店员,“那是当然”,他不由自主地喜形于色。
  • マラソンのゴールは遠かった。しかしぼく走る。どこまでも足を運ぶ。/马拉松的终点很远,但是,我在跑。要跑到头。
  • 彼は十年前に大学を卒業し、会社に就職する。/ 他十年前从大学毕业,就职于一家公司。

③ なんでも~そうだ。表示不肯定的传闻

  • なんでも彼女が岬に来てくれた記念にと、地元の人たちが建たのだそうだ。/据说好像是为了纪念她访问海角,当地人建的碑。

④ まさに。表示“确实、即将”之意

  • 襟裳岬は、まさにアイヌ語の「突き出た頭」で、頭の先は六、七十メートルぐらいのきり立つ断崖である。 / 襟裳海角正如阿依努语所的那样,如同“突出的头部”,其头部是六七十米高的悬崖峭壁。

⑤ 名詞(と)あいまって。书面语,表示相辅相成,相互作用。

  • 岩礁に荒波がぶつかり、たえず白い飛沫をあげるさまは、ゴーッとうなるような海鳴りとあいまって、素晴らしい男性的である 。/ 大浪撞击岩礁,不断出现白色水沫,再加上隆隆的海鸣声,凸现出的景色如同男性之美。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注