文法の形式の整理

文法の形式の整理

二つの言葉を組みにする言い方・助詞

同じ言葉、ついになる言葉を二回重ねていい表現があります。同じ言葉を重ねるのは、主に例を挙げるものです。また、特別な使い方の助詞も整理しましょう。

~やら~やら四角しかくいものやら丸いものやら色々な形の皿がある。
~というか~というかこのクラスはうるさいというか賑やかというか……。
~にしても~にしても
~にしろ~にしろ
~にせよ~にせよ
野菜にしても魚にしても、材料は新鮮なほうがいい。
入院するにしろ、通院するにしろ、お金がかかるだろう。
与党にせよ野党にせよ、リーダーは責任が重い。
~だの~だの=うんざりというニュアンスで例を挙げる。話し言葉
① 弟の部屋は、紙くずだの空き缶だのでいっぱいだ。
② 隣のうちの人は、ゴミの出し方が悪いだの夜の洗濯は駄目だの。文句ばかり言う。
~か~ないかのうちに夜が明けたか開けないかのうちに家を出た。
~(よ)うか~まいか旅行に行こうか行くまいか迷っている。
助詞文法形式
とはとは留学とは外国で勉強することだ。
ぐらい・くらいぐらい・くらい分からない言葉ぐらい調べてなさい。
など・なんか・なんてなど・なんか・なんて医者になんかならなければよかった。
までまで・までしてこの山小屋やまごやには電子レンジまである。
借金しゃっきんまでして車を買うんですか。
として~として~ないこの寒さはには1日として我慢できない。
さえ~さえのどが痛くてお粥さえ食べられない。
お金さえあれば、この困難を乗り切れる。
のみ~のみ=限定を表す。硬い言い方
① ここから先は、関係者のみ入場可とする。
② 土地のみのアルバイトを探している。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注